スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

「動物のモーション表現」

12 16, 2008 | Posted in AfterEffects関連 | Thema オンラインゲーム » Perfect World -完美世界-

2 Comments
1ビーストのコピー
さて、本日のお題は「虎」です。
龍戦地の広大な大地を砂煙を上げながら走る虎の勇姿をムービーにしたい。
そんなハードルを自分に課しての制作です。
さて、主役の虎ですが、今更ローポリ&貧弱テクスチャーのゲーム映像をそのまま使用するのでは動画職人として納得行かない!!
という事で、3Dモデリングされたリアルな虎くんを使用します。
3Dを使うメリットはそのリアルなディテールも当然の事ですが、何より走る虎の筋肉の動きや肉のたるみまで表現可能な点ですね。



2虎のコピー
という事で本日使用するのがコチラの虎の3Dモデルです。
ちなみこのトラ君は「エンサイク」さんのつもりです。(笑


こちらの虎を3Dソフトに読み込み、アニメーションをさせようかと編集作業に突入したのですが、
「うぬぬぬぬっ!!」
動物のモーションって超難しいwww
色々調整してみるのですが、どう見ても動きがアイボです。ww(ソニーのやつね。)
やはり血の通う生き物のモーションというのは非常に繊細な様で、素人の脳内変換による手付け作業ではリアルな動きは表現出来ない様です。

人体の様にモーチョンキャプチャーデータが存在する訳でもないですし・・・・

と、困り果てていたところで以前に師匠の雪さんが言っていた言葉を思い出しました。
「海外などで販売されているモーションデータとかは写真を上手く使って作っているらしい・・・」という言葉です。

ここで閃きました。

実際に虎の走る姿の映像を1フレームずつ静止画に書き出し、それを1枚づつトレースしてやれば上手く行くかも知れません。!!!

という事で早速虎の映像探し。



2.5サンプル
で、トレースする元映像として選んだのはコレです!!
アニメの「うたわれるもの」という作品です。
ちなみにこの作品、いい大人の男をボロ泣きさせる程ストーリーが良く出来ています。
暇な人は動画サイトなどで是非全話観てみて下さい。^^

で、このアニメのオープニングの冒頭に虎が走るシーンが存在するのですが、これがイメージ通りの絵になっていてちよっぴりワクワクです。



3フレーム分析のコピー
某動画サイトでダウンロードしてきたオープニングムービーをAfterEffectsに読み込み、連番の静止画として書き出したものが上のスナップショットです。
それらを分析してみると、どうやら6枚1サイクルとして虎の走る動きを表現している様です。
という事で連番の静止画の中から上の6枚のみをチョイスし、1枚づつ3Dソフトに読み込みます。



4手づけ2のコピー
写真だと判りづらいかも知れないですね。
3Dモデルの虎の真裏に先程チョイスした画像を重ねる様な感じです。
この画像を下絵として、3Dのトラを手動で少しづつ動かしながらポーズをとらせます。
6枚で1サイクルですので、この作業を6枚分行い、あとはループ再生させるだけです。

するとまるで実写の様にリアルに走る虎の動きが表現出来ました。
特に虎の後ろ脚の腿肉の動きがリアルで、狙い通りに出来た事に思わずガッツポーズ。^^
雪さんに感謝感謝です。^^



さて、虎本体のアニメーション素材が完成したところで、次は背景の作成です。
5背景のコピー
背景をどう見せるかは既にコンテ段階で完全に設計図が出来あがっていたのでもう苦労はありません。

手順としては、1枚の背景画像を上の写真の様に分解します。
それを別々の独立したレイヤーとしてAfterEffectsに取り込んでやり、3つのパーツをそれぞれ異なる方向とスピードでスクロールさせてやります。
遥か昔、PCゲームなどで背景の3重スクロールの技術が注目を浴びた時期がありますが、これは正にその技術そのものです。
味付けとして全てのレイヤーにモーションプラーをかけてあげればリアルさは更に増します。


ちなみに、上の画像にはありませんが、空と雲は実写素材を合成する事にします。

更にリアリズムの追及は続きます。



6ほこりのコピー
荒野を駆ける虎の姿に付きものなもの・・・・・それは「砂ホコリ」です。^^
という事で早速パーティクルで砂ホコリのムービー素材を作成。
虎が地面を蹴るタイミングに合わせて砂ホコリが発生する様、移動位置や速度を調整しながら配置してあげます。



7完成
最後に空にエンサイクさんのキャラを合成し、全体的な質感補正をしてあげれば写真の様な「荒野を駆ける虎」の完成です。

例によって動画でのご紹介は今回も完成迄おあづけです。(笑
リアルな虎本体の動きはもちろん、3重スクロールと砂ホコリのによる動的演出は見モノです。^^
関連記事
ブログパーツ

« 「AfterEffects用フィジカルコントローラー」 「ロゴ」に燃え写る炎の表現」 »

- Comments
2 Comments
draco
12 17, 2008
URL [ edit ]
なんか大変そうねぇ

でもね 遠くから見たら
白いドラネコが走っているように見えるww

あぅ・・ 怒るなよぉ・・・


でもさ トラの走り方 多分ライオンと似て 軽やかというより 重厚感あるっぽいよね

実際どんななんだろ・・
けー
12 17, 2008
URL [ edit ]
あー、それはきっとアレですよ;;
今回ペースモデルに雌の虎を使ってるんですね。
ライオンの雌と同じ様に虎の雌も骨格が猫に近いんですよね。
だから遠くから見ると猫に見えるというのも理にかなってるかと・・・・

でもね、雄のモデルってフォルムがモッサリしてて好みじゃなかったんですよ。
でも指摘を受けた以上頑張って作り直しま~す♪
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
- Menu -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。