FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

画像の切り抜き (ペンツール編)

08 18, 2009 | Posted in Photoshop関連

8 Comments
0画像タイトル
本日は画像の切り抜きについてのお話です。
腕に自信のある方にとっては何を今更・・・な案件な訳ですが、現実には私が一番質問される事の多い項目なのです。
という事で覚え書きしておきますね。

画像からキャラの切り抜きを行おうとした場合、一般的にはこちらのサイトで紹介されている様に複数の方法が存在します。

それぞれの手法にメリットとデメリットが存在しますので、切り抜きしようとする画像の状況によって使い分けるのが一般的です。

しかしながら、切り抜く対象をゲームのスクリーンショットやイラストなどに限定した場合、「ペンツール」を使用するのがベストという事をご存知ですか?

これはゲームやイラストというのは実写と違って形状が単純化されたものであり、またCGの特徴として陰影がハッキリしているので被写体と背景の境界線が比較的クッキリしている為です。
こういう素材の場合は「自動選択ツール」や「クイック選択ツール」などを利用する人も居るかもしれません。
しかしこれらのツールは細部の認識率が曖昧な為、一度切り抜いた素材に対して改めて細かな修正を必要とするので効率的ではありません。
また、出来栄えもユーザーのスキルによって大きく変化してしまいます。
「マジック消しゴムツール」や「抽出フィルター」にもやはり同様の事が言えます。

「ペンツール」の最大のメリットは、細かな部分も後から修正する必要の無いくらい正確に境界線を指定出来る事です。
また、正確な曲線を指定する事も得意です。
よって境界線がハッキリとしているゲームやイラストを素材とした場合、「ペンツール」が最も効率的に綺麗な仕上がりに切り抜く事が出来るのです。
(逆に実写の髪の毛などふわふわとした素材、境界線の曖昧な素材の場合は不向きと言えます。)
実際、高名なMAD系の職人さん達と情報交換などしてみても100%ペンツールで決まりなのが実態の様です。

それでは実際に「ペンツール」を使用した切り抜き方法を解説していきます。
と、言っても操作は超カンタンですのでご安心を。

ソフトは「Photoshop」を使用して説明していきますが、お持ちで無い方はフリーソフトの「GIMP」などでも同じ様なツールを搭載していますので考え方は同じです。





2ツール_パレットのコピー
①ツールパレットから「ペンツール」を選択する。
②上部メニューより「パス」を選択する。





1元絵
今回はネットに落ちていたAIONのスクリーンショットを切り抜きしてみます。
なぜAIONなのかに深い意味は全くありません。(笑





3パス描きのコピー
上の画像の様にキャラクターと背景の境界線に沿ってパスを書いていきます。

この時、
1.ズームツールをクリック後、「ALTキーを押しながらマウスのホイールを回す」と自由自在に画像を拡大出来ます。かなり大き目に拡大してあげると正確に境界線を選択し易くなります。

2.間違ったパスを指定してしまった場合は「Ctrl+Z」で1つ前の動作に戻れます。(それ以前に戻りたい場合はヒストリーパレットで戻ると良いでしょう。)

3.曲線のパスを描くには、2点目をクリックした時に指を離さないまま曲げる方向にマウスを動かすとハンドルが現れ、曲線の曲がり具合を調節出来ます。
(但しゲームのSSの様なチープな素材の場合は曲線パスを使わなくても、直線でパス指定していくだけで充分です。)





4選択範囲作成のコピー
④全ての範囲を選択し終わったらマウスカーソルを描いたパス内に重ね「右クリック→選択範囲を作成」





5小窓のコピー
⑤すると小窓がポップアップしますのでそのままOKボタンを押して下さい。

※もしキャラクターの境界線をぼかしたいのであれば、ここで数値を入力してからOKしましょう。





6.Ctr+Jのコピー
⑥すると境界線のラインが点線の点滅に変わったのが確認出来ると思います。
これは描いたパスを選択範囲として認識した事を意味します。

この段階で「Ctrl+J」を押すと選択範囲内の画像だけが別レイヤーとしてレイヤーパレットに追加されます。





8.切り抜き後_2のコピー
はいっ!!
こんな感じに綺麗に切り抜きする事が出来ました!!

あ!!
間違えたっwww
とりあえずここは見なかった事にして華麗にスルーして下さい。(笑






7.切り抜き後のコピー
⑦こちらが切り抜き後の画像です。^^
ペンツールを使えば、この程度の画像であれば切り抜きするのに1分程度しかかかりません。
よほどいい加減なパスを描いたのでは無い限り、他のツールを使った場合の様に細かな修正や仕上げも全く必要ありません。





8.完成
最後に軽くレタッチしてあげれば3分間で素敵なポートレートの完成です。^^

基本的な流れは以上です。
「ペンツール」に関してもっと詳しく知りたい方は、解説サイトが星の数ほど存在しますので是非ググってみて下さい。

今回の記事で伝えたいのは
ゲームのスクリーンショットやイラストなどを切り抜きする時は「ペンツール」を使いましょう!!
という事です。^^

各種選択ツールや消しゴムツールを使っていた人はこの機会に是非自分でやってみて下さい。
今迄の方法がアホらしくなってもうペンツールしか使えなくなりますよ。きっと。^^
関連記事
ブログパーツ

« 当サイトはしばし準備中です。 ポスター »

- Comments
8 Comments
ピリオドのm(ry
08 18, 2009
URL [ edit ]
いやはや!こうやってたんだ!
まさに消しゴムでチマチマやってた自分w
この方法でやってみて、完成したら無理矢理画像見てもらいます!w
・・・どうしてもスルー出来ない画像だわぁw
けー
08 18, 2009
URL [ edit ]
消しゴムツールの使いどころは、最後の仕上げにチョコっと使うかぐらいです。
ペンツールをバシバシ使って楽をしましょう。^^
完成画像楽しみにしてますよ。
琴乃
08 21, 2009
URLedit ]
はい、消しゴムツールでチマチマやってましt

Photoshop使ってるのですが
ペンツールが見当たらない・・・
多角形選択ツールで似たような感じになるけど、これなのかなぁ・・・?
けー
08 22, 2009
URL [ edit ]
んー、普通にツールパレットに存在する筈なのですが・・・・・。
もしかして使用されているソフトが廉価版のPhotoshopエレメンツだったりしませんか?
エレメンツはパスを描く機能はサポートしていないので残念ながらペンツールは搭載されていません。
そうではなくて標準のPhotoshopを使っているのであれば本記事の画像の様な万年筆の形をしたアイコンが必ずありますのでもう一度確認してみて下さいまし。
琴乃
08 24, 2009
URLedit ]
おおw
まさにそのPhotoshopエレメンツですたw
・・・出直してきます orz
けー
08 24, 2009
URL [ edit ]
ありゃりゃ、エレメンツでしたか。(汗

記事中でも少し触れましたけど、「GIMP」を試してみてはいかがですか??
フリーなので他のソフトとの連携性や拡張性という点では難が多く、動画制作にも使うという事ですと決してオススメはしませんが、画像編集単体の機能で見ればあなどれない出来のソフトですよ。^^
Majyu
10 06, 2009
URL [ edit ]
私はフォトショもってないからGINPをインストールしてあるけど
使い方をほとんど調べてないから使えずw
ホームページビルダーに入っているウェブアートデザイナーで加工してます。
ペンツールじゃないけど、多角形で切り取りという方法で
同じように切り取りたい被写体を点で結んで縁取って切り抜く!
ただけーさんのやり方のように境界のところが滑らかにする設定がないのと
マウスの調子が悪かったりすると結んでいた点が途切れてやり直しとか;;
後は背景が単一の色だったりキャラに使われている色から
かけ離れているときは、背景をキャラに使われていない色で
塗りつぶしてから透過してるかな。塗りつぶしのときに
許容範囲を弱くしてやったりしてキャラまで塗りつぶさないようにして
透過したときに残ったごみは消し消ししたり^^
キャラと背景の色が似通ってるときは青のペンでキャラを縁取った後
背景を青で(許容範囲100%)がんがん塗りつぶして透過したり^^
結論!フォトショップいいなぁ。
けー
10 06, 2009
URL [ edit ]
私も画像加工をはじめた頃はXPプリインストールの変なツールでチマチマやってましたよww
PhotoShopはやはり良いですよ。^^
と言いますか、沢山所有するソフトの中でも最も「買って良かった」と思えるのがPhotoShopですね。
今でも弄りながら「フォトショすげぇぇーー!!!」って感心してしまう事が時々あるくらいです。^^

まぁその分高価な訳ですが、出来る事の多さと質を考えると決して高い物では無いと思っています。(ホントですよ。^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
- Menu -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。