スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

画像をイラスト風に変換するPhotoShop用 アクションファイル。

10 06, 2009 | Posted in Photoshop関連

2 Comments

ゲームのスクリーンショットやCG画像をイラスト調に一発変換するPhotoShop用アクションファイルを作りましたのでフリー配布させて頂きます。
上の画像が実際に効果を適用したものです。

まぁ、こういう代物は世の中に星の数ほど存在するのですが、
今回は
1.おとなしめの実用的な効果具合。
2.HD動画の素材制作用に最適化。
3.主にCG画用に最適化。
などと自分用としてチューンしたものとなっています。

まぁPhotoShop用なので使える人は限られてくるかと思いますが(エレメンツでも恐らく使えます。)興味のある方は使ってみて下さい。(しょーもない物ですがw)

注意点は同梱の「Read me」ファイルを参照の事。
ファイルの使い方が判らないという根本的な疑問をお持ちの方はコメント欄に質問して頂くかググってみて下さい。
関連記事
ブログパーツ

« After Effects CS5の新機能!? 当サイトはしばし準備中です。 »

- Comments
2 Comments
RRX
10 15, 2009
URLedit ]
フォトショCS5とかあるみたいですね。
2Dじゃなくて2.5Dになっちゃってます@@;

http://cs5.org/?p=147#more-147
↑言葉にできないです(´・ω・`)
けー
10 15, 2009
URL [ edit ]
CS5はまだ出てないですよぉ。
ネット上に出ている代物は半分がネタによる偽物、半分がα版のデモリールですね。
実際の発売は来年の11月が濃厚の様です。

ちなみにフォトショに関しては前バージョンのCS3の頃から既に3Dに完全対応しています。(最上位版のExtendedに限りますけどね。)

フォトショCS5の目玉は新タイプのブラシツールとパペットツールと言う事なのですがハッキリ言って意味の無い物ばかりというのが個人的な本音です。
どれもAEをはじめとした他のAdobe製品が既に実装している機能が単にフォトショでも出来る様になったというだけなんです。

ぶっちゃけビットマップ型画像処理ソフトとしてはバージョン7.0で既に完成の域に達しているので、それ以降の飛び道具的なバージョンアップは「もうやる事ねーよw」というAdobeの迷走を物語っていると思います。

大体ですね、フォトショが3Dを扱える様になったところで意味無いだろうとww
あんな中途半端な3D処理しか出来ないなら最初からMaxとかMayaベースで制作するわっ
と、各方面から聞こえてきそうな気がします。(笑

まぁ、フォトショしか持ってなくて他に3D処理をするアプリが無いという環境の人には最初だけ物珍しさで遊べるかなって感じでしょうか。(笑
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
- Menu -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。